So-net無料ブログ作成

音楽戦士 MUSIC FIGHTER/ミュージャック [徳TV]

昨日2つ目の更新をするはずが、途中まで書いて時間切れ~(^^;。
最近、特に夏休みになってから曜日感覚がずれている上、
あれやこれややることや考えることが多すぎちゃって、メモ帳にも記していた
大事な申し込みをすっかり忘れてしまい、時すでに遅し~(^_^;)。やっちゃったぁ[あせあせ(飛び散る汗)]

あれよあれよといううちに、もう赤6までも3晩眠れば来るのですねぇ~(早っ)

では続き行きますよ~ヽ('ー`)/。がんばっちゃおう~☆
今日は2番組まとめて感想を書いていきたいと思います♪


[TV]音楽戦士 MUSIC FIGHTER

初めて見る番組です。新曲の紹介だけかしら~?と思っていたので
予想していたよりも多く インタビューが流れてうれしかったです(^―^)y。
それに先週末3本見た中では、断然この徳ちゃんが好き~[黒ハート]


インタビュー前に画面紹介で「徳永英明の意外な素顔」とあったので
いったいなんだろう~?とドキドキしました(^m^ )。
→え・・?で結局意外な素顔って?どのことだったのかしら~(笑) 将棋かな?

白いVネックのシャツにグレーのパンツスタイル。黒の革靴。
前へサーーーーっと伸びた脚の線の美しいこと~ヾ(*≧∇≦)〃 キャー
それにしてもなが~~~~~いカッコイイ[揺れるハート]
こういうラフなシャツにナチュラルな かしこまらない表情が大好きです。


デビューして22年。大変だったでしょうね・・・ の問いに

 逆に 逆境とか、これを越えていかなきゃいけない って楽しいんですね(^^)。
 ゼロになることは恐れないで
(→まさに♪情熱の詞の世界だぁ~[ハートたち(複数ハート)]
 ゼロになったからこそ 上積みがあるっていう風に考えるから・・・


私は徳ちゃんのこの強い精神力とも言うのか、この生き様が好き。
人間つらい時こそ逆にパワーをみなぎらせる・・・って姿勢にいつも
励まされます。
私もがんばろう~!って気になるの。

今がどん底と思えば大丈夫・・ これ以上悪いことは起きない・・・
あとは上がっていくだけだ・・・ 

と、徳ちゃんは時々口にするけれど、そういう風に思えれば
ずいぶん気持ちも救われますよね。

ああいう前向きなエネルギーって徳ちゃんはずっと昔から持っていたのかなぁ~。
そういう誰にも負けない強い想いが備わってるから、やはり徳ちゃんって
すごいんだねぇ~。
昨日記事にも書いた「僕らの音楽」の中での言葉で

 本当に現実のものとしたい時は言葉にする
・・・って姿勢がここにも表れてるんですね。
だから、普通の人にはできないこともできちゃうんだね・・・。
いつも徳ちゃんからは感動幸せ勇気をいただいています。

そして・・・
22年なんてまだまだ・・・ってさらっと言いのけてしまう徳ちゃんが素敵[ぴかぴか(新しい)]


最近NHKの将棋番組にハマっているというお話、TVでは初披露でしたね(^m^ )。
このお話は、名古屋の集いの時にアツク語ってくれました~♪
ちょうど泊まってるホテルで見たようですね・・・。
坂本さんも見ていたようで、気が合うね~なんて盛り上がっていましたっけ。

 アマチュアの人は近くの手ばかり考えてしまいがちだけど・・・
 プロ棋士は、最後のゴールを目指していく その様がかっこいいのだ
 ・・・と。


そして「愛が哀しいから」については・・

 恋をすることは臆病になるけれども 僕も臆病になるんだよ
 あなただけじゃないんだよ・・・ 守っていくよというせつない歌
 いろんな事があっても 人が感動とか希望を持ってくれるように・・・
 との想いで作りました

と話されていました。  

今回、雑誌の方のインタビューの行間から読み取るに、
そういう↑のような想いを込めて、先にメロディーができたようですね・・・。
その旋律から山田さんが想いを汲みとってあのような詞の世界が
できあがったようです。
何度聴いても美しくせつない楽曲ですね。



続いて・・・ 

[TV]ミュージャック

こちらは関西テレビより1週遅れで、BSで放送になりました。
この番組も初めて見ましたね。
いろんな音楽番組があるんだなぁ~。今はBSでも対応してるから見られる機会が
増えてうれしいですよねぇ。

こちらはAKB48のメンバーの方二人が、徳永英明の美声の秘密を探る
という主旨で直接インタビューするということでした。

場所はユニバーサルミュージックでしたね。
こちらは黒のシャツにグレーのパンツ。

美声の秘密
ということで、1/f ゆらぎのお話がまず出ました。
詳細は以前に最初にテレビで取り上げられたこちら→ で内容はご確認くださいませ。

 美空ひばりさんのようなスーパースター(と一緒だなんて)うれしいですね。
 人が感動することをテーマに歌っているから・・・ 癒されるなんてうれしいです。

続いて、美声を保つためにどんな日常生活を送っているのか・・との質問。

こちらのお話も以前まさに「徹子の部屋」でいっぱい語っていましたね。
→詳細こちら

 日頃から怒り・悲しみ・苛立ちをなくす

・・・と話していました。

たしかに最近の徳ちゃんは本当に穏やかな表情をいつもされていますね(´ー`)。
和み系・癒し系の微笑みです。

でも・・ こんな穏やかな徳ちゃんになったのって 2005年から徐々にのことで
2006年の20周年を機に、ほぼ100%そうなった気がするぅ~(^。^)。

この頃からVOCALISTでファンになった方や、20周年ということでメディア出演が
増えて、昔ファンだった方なども戻ってこられて、明らかに私たちの周りの
応援環境も変化してきました。
だいぶファンの入れ替わりもありましたよね・・。
ファンの年齢幅もぐぐーーっと広がりました。

 若い時(20歳くらい)までに遊んでおくといいよ。
 そうすると大人になって穏やかにまぁ~るくなるよ

・・・って徳ちゃん。

ふふふっ それって徳ちゃんのこと・・だよねぇ~(*´∀`)ゞ。
ほんとにまぁ~~~~~るくなりました。
こういう穏やかな 何事にも動じず冷静で、いつも微笑みを浮かべているような
徳ちゃんって ちょっと前は想像できなかったですもんねぇ~。

でも、先日もコメントに書きましたけど、現在の徳ちゃんの姿って ひとつも無理して
いる訳ではないと思うんですよ・・・。
今の徳ちゃんは自然体なんだと思う。
不思議とそういう徳ちゃんに日々触れているだけで、私の方まで優しい気持ちや
癒しの感情が湧き出てくる気がします。


最後に歌い方の指導をしてください・・
ということで、「恋におちて」のフレーズを
歌っていましたね。

感情を敢えて込めずに淡々と歌った方が気持ちが伝わるんだ

優しく指導されていましたね。

淡々と言葉をつぶやくよう~に ・・・って歌ってくれた声にドキドキ[揺れるハート]

たしかにVOCALISTシリーズをやってからは、明らかに徳ちゃんの歌い方やその表情
すべてが変わったように思うなぁ~。
昔は何でも高音を張り上げて熱唱型だったけれど・・・ 今は声を敢えておさえて
それこそあてるよう歌ってる感じ。
歌ってる表情も穏やかで微笑さえ浮かべてる・・・。

そんな気負わずありのまま歌ってる姿は、まさに現在(いま)の徳ちゃんの生き方を
投影している気がします。

続きを読む


nice!(0)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

僕らの音楽(7/25) [僕らの音楽]

金曜日から出かけていたため、番組の感想を更新するのが遅くなりました[あせあせ(飛び散る汗)]
でも何かしら書かないと落ち着かないので、とりあえず書きますね~(^^ゞ。
先週末は3本出演番組があったので、まとめて感想を書いてみます。
きっと長い・・・ かな~り長くなります(^^;;。


「僕らの音楽」をリアルタイムでは見るのは無理だ~[あせあせ(飛び散る汗)] ってくらい旅先では
ハードで朝も早かったし、極度に眠かったの。
でも・・ なんだかんだやってて、いざ布団に入ろうと時計を見たらば・・・
23時半になっているじゃないですか~(^m^ ) 。
翌朝も早起きなので、せめて冒頭の徳ちゃんの顔だけでも見て寝よう~[揺れるハート] 
ってTVをつけたら最後・・・(爆)。
結局「僕らの音楽」をリアルタイムで見ちゃいました(^_-)。
途中でやめられる訳がなし(笑)
↑その分、翌日のきつかったこと~[あせあせ(飛び散る汗)]


[TV]僕らの音楽(7/25放送)

対談のパートナーはプリンセス天功さん。
最初にトークゲストを知った時に、前回の深キョン以上に不思議に思った私。
どこに接点があるんだろう~?? って。

でもそれは話し始めてすぐに分かりました[ひらめき]
BGMはあの名曲「We All」。こちらは2006年のツアーエンディングフィルムと共に
流れていた曲です。 (20周年ライブBeautiful Balladeツアー)
過去20年の貴重な徳ちゃんの映像とともに、とても印象的でしたよね。
そして、この曲をCDにして その夏に行われた赤い太陽の日4でプレゼント
されたのでしたね♪

この曲を聴くと、徳ちゃんと私たちファンとは いつまでもココロが触れ合って
通い合って ず~っとひとつの大きな船に乗って前へと進んでゆくんだよ・・・
っていうメッセージが聞こえてきます。

 We All 

命がある限り ずっと一緒・・ ひとりじゃないんだ・・ 一緒にいこう・・・・と。

[1]徳ちゃんが天功さんに会いたかった理由

徳ちゃん自身がファンの人に向けて 歌に込めて届けるメッセージを考えていた時に・・
ある番組で天功さんが、好きな言葉として「We All」とおっしゃったそうで
それを聞いた時に、その言葉の響きが美しくて その言葉をしゃべる天功さんの
表情にも魅了されたんだ とおっしゃっていました。

それからは天功さんのことが知りたくなって、ブログを見つけて2日に1度は
アクセスするようになったとのことで(^m^ )クスッ 。

そこで出会った天功さんのメッセージの中に・・・
天功さんの存在が溢れて溢れて溢れて溢れて溢れて(→5回連続言ってた~ヽ(*´∀`)ノアヒャヒャ)
いたそうです。

なるほど・・・ ここのお話を聞いただけで、今回の対談って局側にお膳立てされたもの
じゃなくって、ほっんとに徳ちゃんが会ってみたい方だったんだぁ~[exclamation×2]
ってことがストレートに伝わってきましたね。

この日の徳ちゃんのトーク時の衣装は、頭の先からつま先まで全身真っ白
ほんとに輝いて見えましたね~[ぴかぴか(新しい)]
大好きなんだよねぇ~[揺れるハート] 徳ちゃんの白を身にまとった姿が。

今回は徳ちゃんが会いたい人ってことで招いた形なので、徳ちゃんが司会進行役。
そのせいもあってかとっても饒舌で顔の内面から素の驚きや喜びなどの表情が
溢れ出していて、ほんとに楽しそうだったねぇ~(^。^)。

もっと知りた~い[exclamation]、教えて教えて~[exclamation] って感じがにじみ出てたよね。
私もお話に引き込まれちゃった。
また天功さんも次から次へと おおよそ一般人にはない(笑) 不思議な体験やら感覚を
お話してくださっておもしろかったですね~。

天功さんのイリュージョンの発想の源は、2代目引田天功を継いだその夜から
毎日のように見るなのだそうですね。

徳ちゃんの場合はそれはピアノの前だっておっしゃってたけれど、お話を聞いていると
分野は違えどもお二人とも底に相通じるものがあって、アーティストという感じが
しました。


1曲目はプリンセスにひっかけて、「M」をソロでは初披露。
これはライブでも歌っていないですよね・・・。
こんなにフルサイズで歌ってくださるなんて思っていなかったので、うれしかったなぁ~[黒ハート]
歌のときは、スーツが例の白地に縦に細い黒ストライプが入ったものでしたね。
こちらも似合ってる~[揺れるハート]

気持ちよさそうに 前後にふわふわ揺れながら歌ってらして、カバーだからなのか
瞳を閉じて情景を味わうように歌っていました。
左手と身体で刻んでる拍子がとても心地よさそうだったなぁ~。


続くお話は、天功さんの幼少時代の不思議体験の話。
ここで徳ちゃんの例の中2の体験談もでましたね。

こういう不思議体験を驚くこともなく お互いすーーーっと気持ちに入れるところが
やはり普通とは違うのよねぇ・・・。感覚の世界が近いなぁ~似ているなぁ~って
感じました。

 自分がどう思うかということを言葉にしていくとそれが現実になってゆく
 現実にしたい時は必ず言葉にするようにしています。
・・・と徳ちゃんが力強く話していました。ここの部分いい言葉だったなぁ~。
まさに有言実行ですもんね(^^)。
徳ちゃんはきっと世界にも翔いていくと思います。


2曲目は「輝きながら・・・」
今回も弦一徹ストリングスのみなさん。
坂本さんのアレンジをより輝かせる[ぴかぴか(新しい)]のがこのストリングスですよね・・・。
最近、ずーーーっと弦一徹さんも一緒のステージに立たれること多くなりましたよね。

音がね・・・ストリングスが入ると柔らかくなりますねぇ~。気持ちよかった~。
こちらはオリジナルのためか 瞳を開けてじっと歌っていました。
ここでは先程のストライプジャケを脱いでいました。


続いて、著作権のお話。イリュージョンの世界ではTV・メディアなどで発表した
時間帯順で登録されて認められるそうですね。

徳ちゃん自身も、曲ができると・・・
 
 自分と同じ曲を(誰かが)作っていたらどうしよう~ と思う時があります。
 今発表すべきか・・・ もう少し待った方がいいのかってよく考えたりします

と話していました。
お互いモノを生み出す(創作)というお仕事なので、交わす言葉も興味深かったですね。


最後は、天功さんのコレクションのお話。
魔法使いのグッズやら恐竜の卵やら・・・。やっぱり夢があるんですねぇ~(^。^)。
殆どをラスベガスで過ごし、年間アメリカ・アジア・ヨーロッパ・日本と旅をして
飛行機かステージ上にいる時間ばかりとのこと・・・。
このグローバルな感じが更に徳ちゃんにも魅力的に映ってるんだろうな~。
あの山の上のまつたけのお話の時の徳ちゃん、とってもキュート[揺れるハート]な表情
されていましたよね~ヾ(*≧∇≦)〃 キャー。
この日いちばんのツボでした~[ハートたち(複数ハート)]


最後の歌は、「愛が哀しいから」。
また衣装チェンジとなり、チャコールグレーのスーツに薄いグレーのシャツ、黒タイ
だったかな・・・。

途中からエンドロールがかぶってきてしまって、徳ちゃんの素敵な表情が
ちらちら映る感じになってしまって[たらーっ(汗)]ちょっと残念~(/_<)。待ってぇ~って思ったぁ。
せっかく切ない表情でカメラ目線だったのにねぇ~。

でも今回、ラストのいちばんいいいところ
  
 ♪君のために 僕がここにいること

・・が今回ちゃんと歌われましたね~ヽ('ー`)/。ここをカットしちゃ~いけません。
大事なところです。
このあたりの視線にドキドキしました[揺れるハート]。下からのアングルが好き・・。


さてさて・・ お次の番組は・・ 「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」。
今日全部感想を書いちゃうのだ~(笑)。
私も脳内からスキスキモードが 溢れて溢れて溢れまくっているのですぅ~ヾ(*≧∇≦)〃。

・・・と待って。これって携帯から読んでくださってる方もいらっしゃるんでしたよねぇ。
このまま書いちゃうと 文章読み込むのが大変・・・・?大変だよねぇ~(*´∀`)ゞ。

やっぱり分けて書くわ~♪また後ほど~(^_^)/~。

タグ:僕らの音楽
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。