So-net無料ブログ作成
検索選択

ありがとうございました♪ [日記]

みなさま、こんばんは。
突然ではありますが・・・
2007年4月2日より、こちらのソネットブログにて大変お世話になって参り
ましたが、この度、4周年を目前に卒業させていただくことに致しました。
心機一転、新たな場所で再出発したいと思います。

思い起こせば、最初は「ちょこっとHP」という、字数制限のある
小さなブログからスタートしたのです。
今は亡きお友達が、密かに2006年の12月にブログを始められて、
それに刺激を受けた私は、勢いだけで この世界に飛び込んできた
のでした。
最初はタグの意味も分からず、ただ文字が打てるだけで、、、
ネットの世界は殆ど分からずド素人でした。
やりたい一心で、独学でなんとかここまでやれるようになりました。

最初はブログといっても、とても軽い気持ちで、日記代わりに自分自身の
ために気持ちを綴っていたのです。
ブログを始めた頃は、知り合いの徳友さんが遊びに来て下さって
いるだけでした。

コメントがひとつつくと、その度とてもうれしくて、ドキドキして、
あぁ、繋がってるんだなぁ~、読んでくださる方がいるんだ、
一人じゃないんだって思いました。

いつの間にやらお会いしたことのない方々からも、メッセージをいただける
ようになり、文章を書くことに夢中になっていきました。
そしてさらにプライベートの多くの時間をこのパソコンの前で過ごすようになり
現在に至ります・・・。

このお部屋では本当にたくさんの出逢いがありました。
実際にお会いできた方もたくさんいらっしゃいます。

ありがとうございます。

また、出逢いがあれば別れもあり、時には哀しい出来事もあって、
その度、、、「もう潮時だ、やめよう~」って思い弱音をはくと、
今度は何度も読者の方が励ましをしてくださり、支えてくださいました。
ありがとうございました。

そして、顔の見えない”ネット”という世界でも、体温の感じられるブログを
目指して今日までやってきたつもりです。

ソネットブログで出逢えたみなさま本当にどうもありがとうございました。
また、新しい場所で再会出来たら・・・と、思います。


nice!(0)  コメント(52) 

お見舞い申し上げます [日記]


[NEW] Yahoo 緊急災害募金) [携帯電話])  
   ソネットポイントによる東北地方太平洋沖地震義援金受付



東北地方のみなさま、関東のみなさま、そして今回の大地震で被害に
遭われたみなさま、心よりお見舞い申し上げます。
テレビをつける度に飛び込んでくる悲惨なニュース・映像に心を痛めております。

日頃このお部屋に遊びに来て下さっている東北地方の皆様、お元気でしょうか。
とても心配です。今しばらくはネットなどもできない状況かと思います。

私たちのココロの支えである、徳ちゃんのことを思い浮かべながら、
また歌を口ずさみながら。。。 どうかこのつらい状況を乗り切ってください。

関東地方の方々も計画停電などでご不便な生活が続くかと思いますが、
どうかがんばってくださいね。
私自身にもできること。。。 微力ながら、ココロに留めながら日々過ごして
いきたいと思います。
今は祈ることしかできないけれど、また元気になられたらこちらにも
遊びにいらしてください。いつでも扉は開いています。

実は私も大地震発生の金曜日は、ちょうど研修合宿のため、息子と共に
東京に移動中でした。
列車内で震度5強の地震に遭遇しました。
詳細はもうひとつの子育てブログの方に書きましたが、本当に怖かった
です(>_<)。
とても長く感じられましたし、地鳴りがして ぐわんぐわん揺れてました。

外出先だと、本当にどうしたらよいのか分からず。。。 実際には頭の中が
真っ白になってしまいました。
身動きできなかったです[あせあせ(飛び散る汗)]
周りの方々も、「これはすごいですね、震度5か6くらいありましたねっ。」と、
口々に恐怖を語り合い、不安な気持ちを共有してました。

でもまだこの時には、あんなに甚大な被害がでているとは思っていませんでした。
街には帰宅難民が溢れかえり、道路を埋め尽くしていました。
生後数ヶ月の赤ちゃんを抱っこしているおばあさんもいらして、あの方
その後はどうされたのでしょうか。。。
特にご年配の方々はとても不安そうにされていました。

都会では電車が動かなくなってしまうと、あっという間に人々は行き場を
失ってしまいます。

私もまさかの出来事で、荷物もたくさんでしたし、目的地までどうやって
たどり着けばいいのかが全く分からずに、途方に暮れてしまいました。
こんなときは携帯も繋がらず役に立ちません。
バスやタクシーはかろうじて動いていましたが、大渋滞でした。
警察官の方々が困った人々の対応に負われていました。

駅の方も突然の災害で大変だったこととは思いますが、立ち退きの
アナウンスだけでなく、できればもう少し具体的に列車以外での移動手段や
避難場所・経路などを指示してくださればよかったかな・・・・と思います。

目的地に早めに到着できた方々は、仲間と途中で合流できた方や、
周りの咄嗟の判断で道案内などをしっかりしていただけた方々
などでした。

都会の道路をあんなに大勢の人が歩いてゆく姿も初めて見ました。
しかし、ある意味日本人ってすごいなぁ~って思ったのは、周りの人々は
比較的のんびりされていて、パニックな状況に陥る人もあまりなく、冷静に
されてたことですね。それが救いだったかな。。。

その翌日、研修センターから急遽家へ帰ることになり、帰ってからじっくり
テレビニュースを見まして、あまりの悲惨な状況に驚きました。
現地の方々の不安な気持ちや哀しい気持ちに接し、自分では
殆ど何もできないこと。。。 心苦しく思っています。

どうか、1日も早く事態が好転することを祈っています。

本日の夕方にはこちらでも、緊急の地震予告のテロップが流れてきまして
東海地方でも新たな(別の)大地震もあるのか?とかなり不安になっています。
学校からお便りも届いてました。
地震予告もいただいたところで、どうしたものか?実際は困ってしまいますね。
もちろん速報が流れた時は、火の元などは消すようにはしていますけれど・・・。

しばらくは不安な日々が続きそうですが、心を強く持って この状況を
何とか乗り切っていきましょう・・・。


nice!(0)  コメント(17)